2008年09月13日

高級牛肉 名産地 神戸牛(神戸ビーフ)

高級牛肉 神戸牛(神戸ビーフ) 食べ方・味


高級牛肉 神戸牛(神戸ビーフ)の味は?


神戸牛(神戸ビーフ)といえば、やわらかい霜降り肉。

脂肪が筋肉の間に細かく入り込み、きめの細かい「サシ」が特徴。肉質も上質でやわらかく最高級牛肉として有名です。

中でも、脂肪に最高牛肉の秘密があります。

神戸牛(神戸ビーフ)の脂肪は、他の牛肉と比べて融点が低い。
つまり、低い温度で脂肪が溶け始める特徴があります。

きめの細かさと早く溶け始める脂肪が絡み合い高級牛肉の旨みを引き出します。


高級牛肉 神戸牛(神戸ビーフ)のお勧めの食べ方


赤身と脂身のきめ細かな絶妙なバランス!これによって、熱を加えたとき、脂身の部分が溶け始め、その周りの筋肉をときほぐし、やわらかさと肉のうまみと甘みが絶妙に絡み合います。

そんな神戸牛(神戸ビーフ)は、やっぱり炭火焼を用いて、遠火でとろとろにした最高牛肉を食べるのがお勧めです。


神戸に行ったら、最高級の神戸牛(神戸ビーフ)が待っている・・・かも!


<関連>
おいしい高級牛肉の選び方
高級牛肉の効果的な保存方法

スポンサードリンク:
posted by 高級牛肉 格安 紹介 at 11:36 | 高級牛肉 名産地 神戸牛(神戸ビーフ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。